SONY ソニー DSC-RX100M3 レビュー 評判 RX100M2と比較

SONY ソニー DSC-RX100M3 レビュー 評判 RX100M2と比較

祝発売!SONY「DSC-RX100M3」外観を中心にRX100M2と比較、ポップアップEVF内の撮影映像有り

 

カメラ紹介動画といえば、この方、JETDAISUKEさんでしょう。超有名な方ですが、ジェットさんの紹介は超一流。核心を突き、迷える子羊たちに光を与えてくれるのです。

 

 

ジャ、ジャン!
RX100マークスリー(RX100MK3)、ついに出てしまいました〜!

 

こちらが現物でございますけれどもね・・・あ、こっちはRX100マークツー(RX100MK2)だ。
こっちがMK3です。

 

いや、ほーんとそっくりですねぇ。
パッと見、どっちがどっちかわかんないんですけどね。

 

厚みに関してはMK3の方があるかなーと思うんですけど、ほんの少しの違いですね。

 

それもね、液晶がね、こう180度回転して、セルフィー(自画撮り)できるようになったからっていうのが理由なんで、悪い方向にはいってません。

 

みなさん、RX100MK2で気になっていたのは、この三脚の穴の位置だと思うんですが、これは、残念ながら、変わらず、光軸上には三脚の穴はありません。

 

ただ、この底面のことを言うと、NFC(スマホとの無線通信)がありましたよね。
横に移動しました。

 

RX100MK2の場合は底面だったのが、横に移動したので、たとえば三脚に据えた時でも、スマホをペタッとやりやすくなりましたねぇ。

 

あと、大きな違いとしては、この、上部ですよね。
アクセサリーシューがなくなりました。

 

えー、レンズ径が変わったようで、じゃっかん大きくなってるんですね、口径が。
RX100MK2の方は、ぼくねえ、フィルターアダプターかましてるんですよ。
フィルターつけることができます。

 

でもね、レンズ径が変わったからね、これは対応してないっぽいんだなぁ。

 

ということで、いまのところは、フィルターつけることはできないみたいですね。

 

さ、最大の特徴でありますファインダー!

 

この本体側面のスイッチをプッとやると、プッとプッ、プッ、プッ!
これね、引き出す必要があるんですよ、ちょっとめんどくさいね。

 

今、液晶で表示しているけどね。
ファインダーに顔を近づけると、はい、液晶が消えて、ファインダーに切り替わります。

 

このファインダー、ちょっと覗いた感じだとね、これで全然オッケーなレベルなんですよ。

 

これまでのモデルだとね、液晶で見るしかなかったんで、日中の日差しが強い時など大変だったんだけど、これからは、これですよ。
ファインダーでしっかり見ることができますねぇ。

 

バッテリーとSDカードは本体底面から挿入するようになってまして、これはねえ、あの、RX100MK2のバッテリーと同じものを積んでいます。

 

ストロボフラッシュなんですけど、ハードウェアスイッチ(物理的なスイッチ)で開くようになりました。
これがねえ、上向いたりすんのよ。

 

天井バウンス(フラッシュ光を天井に反射させて撮影すること)ができちゃうかもってことだよなぁ。
普通に撮影するとこうなんですが、フラッシュで天井バウンスすると、こうなります!
悪くないでしょ?

 

望遠端に関しては、RX100MK2の方が100ミリだったかな。
ところが、RX100MK3の方は70ミリと、やや短くなってしまいました。
しかしぃ!
RX100MK3の方が最短撮影距離が近くなったんで、結果的に、大きく撮れるんですよ。
モノによってはですけどね。

 

ま、こちらご覧ください。
RX100MK2の望遠端で撮影したもの。

 

そして、こちらが、同じ位置からRX100MK3の望遠端で撮影したもの。
やっぱり、70ミリだと広いですね、ちょっとねぇ。

 

しーかーしですよ。
望遠端ではRX100MK3の方が寄って撮れるんですね。

 

結果的に、大きく写ることがある。
ま、遠いところにあるものをね、望遠で撮したかったらRX100MK2の方がより上なんですけども、RX100MK3は近くのものをズームで、ズームアップして、ブワァーンといくのは、こっちの方がいいねぇ。

 

さて、今日は、時間がないので、ここまでになってしまうんだけどね。
質問、コメントに書いてくださいね。

 

RX100MK3でございました!!

 

(ここで動画終わり)