≪レビュー動画≫SONY ソニー RX100M3の動画性能と流し撮り

≪レビュー動画≫SONY ソニー RX100M3の動画性能と流し撮り

【実写】ソニーRX100M3の動画と写真,さらにデジイチに迫る高画質・高性能コンデジの実力派,ボケ味以外て?もう一眼いらなくね?メシ撮りも流し撮りも動画もバッチリ・・・の動画を紹介します。

 

ご存知ジェットダイスケさんの動画です。RX100M3ですが、動画のレビューでは手振れ補正のオン・オフで画角が変わる点と、同じ手振れ補正でも、モードの強弱によっても画角が変化する点を解説しています。瀬戸弘司さんのM3レビューでも同様の解説がありますが、ジェットさんの場合、実際に歩きながら撮影している映像があって、これは実地に役立つ動画だと思います(とてもキレイでなめらか)。しかも、この歩きながらの動画映像には、トレードマークのサングラスをはずしたジェットさんの素顔が丸見えです!

 

 

ジャジャン!
話題のデジカメRX100M3ですけどね。
前回M2の方と比べたりしましたけど、今回は、いよいよこれで動画を撮影したりとかね、写真を撮影したりしてみ※▽■/◇・・・・・年取ると滑舌悪いのよ、ほんと・・・
これで撮影したデータをね、お見せしたいと思います。
ガンガンお見せしたいと思います。
ご期待ください。
ていうか、まずね、みなさん、これの動画気になっていたみたいなんでね。
カメラ取っ替えてみましょうか。

 

ハイ、カメラをRX100M3に替えましたけど、ビデオカメラの方と比べると画角狭くなってますね。
えー、いちおう、写真では24ミリが広角端ということになってまして、写真で撮ると広いんですよ、けっこう。
でも、ビデオの時は、手振れ補正との関係上ね、狭くなってしまうんですね。
こちら、手振れ補正OFFの時の画角なんですけども、これがインテリジェント・アクティブの手振れ補正になると、33.5ミリの広角端と、やや狭くなりますね。
さ、こちら、手振れ補正従来通りのアクティブというモードなんですけども、歩いてみましたが、どうでしょうか?
ソニーならではのね、なめらかな感じがしますけども。
さ、こちらがインテリジェントアクティブの方なんですけども、撮影してる時はそんなに感じなかったんですけども、若干なめらかな手振れ補正の効果になってるかなあ・・・という気はしますねぇ。

 

なんと、NDフィルター(光量調節フィルター)内蔵しておりまして、オートON/OFFができますから、これからの夏の日差しでも、対応できますね。

 

せっかくなんで、いつも通りのレビューをやってみましょうか。
じゃじゃん!
はい、CHEERO(チーロ)の新しいモバイルバッテリー。
こちら、Amazonの方では秒殺で売り切れたそうなんですけど、ラッキーなことに1個だけ見本品を送っていただくことができました。
持ち運び用のポーチですね。
それからUSBのケーブル。
充電器でございますね。
はい、このサイズ。
けっこう薄いんですけども、12000ミリアンペア/H。
なんと、iPhoneが6回充電できると。
まあ、iPhone6回充電することはないんで、むしろ、これ、USB2つのところを4つに増やして欲しいなと、ぼくは要望しといたんですけども。
この製品、何と言っても特徴は、これですよ。
LEDライト付なんですねぇ。
防災用途でモバイルバッテリー購入される方も多いと思いますが、LEDライト付いてると、よりその効果高いですよね。

 

前回、レビューもそこそこに出かけてしまったんですけども、なぜ出かけたかと言えば、こちら、iPhoneケースとかね、バッテリーとか販売されているトリニティーさん。
トリニティーさんがねえ、何と、ITを駆使したレストラン・・・レストランというかトラットリアを開くということでね、トリニータというお店なんですけども、ね。
そちらのオープニングレセプションに行ってきまして、RX100M3で撮影しまくってきたんですよ。
あのー、飲食店みたいな薄暗いところだと、やっぱり、フラッシュたいて撮ることがあると思うんですけども、こちら、RX100M3ではね、簡易的ではあるんですが、天井バウンス(フラッシュ光を天井に反射させること)できるということでね、非常に写真の方もキレイに撮れますし、動画の方もね、まあ、若干薄暗くて、こう、にじにじとね、線が入ったりすることもあるんですけども、まあ、いちおう、撮れてはいると。
で、イタリア料理を堪能したあとに、ぼくはいつもの交差点からね、あの、流し撮りの練習とかをしてみたんですけどもね。
まあ、まあ撮れるんですよ。
考えてみたらね、コンデジで夜間に撮影するってことは、あんまりなかったしね、コンデジで夜間に流し撮りするなんてことは、そんなこと、しなかったですよ。
も、ちゃんと一眼レフでいままでやってましたからね。
それを、あえて、やろうと思ってしまうほどの性能なんですよね、このカメラね。
やってみた結果、問題なし。
何も不満は感じない。
一眼レフと置き換えても、もう、けっこう、充分です。

 

えー、完全にコレ、一眼喰ってます!
一眼の役割喰ってますねぇ。
はい、大変凄いカメラです。
RX100M3でございました。
(この動画終わり)