NIKON A

COOLPIX A プロフェッショナルの証言:写真家 大西みつぐさんの動画を紹介。

 

NikonImagingJapanの動画です。「作品づくりの筋であるスナップショットに手放せない」と、いつも肌身離さずCOOL-PIX Aを持ち歩いているという写真家・大西みつぐ氏。日々の撮影を通して実感した画質や機-能性、撮影のテクニック、そしてCOOLPIX Aを持つことの楽しさを語っていただきました・・・という内容の動画です。

 

 

ぼくの一つの作品の筋としては、スナップショット、どこでも撮っていくという態勢が非常に多いんで、必ず、その、クールピクスAをどこかに忍ばせていくようなことは、やってます。
道具として、馴染みが、体に染み渡ってるっていう感じ。
(デザインについて)
これは見たとたんに、あ、カッコいいな、と。
ま、非常に、こう、美しく、見えるわけですよね。
キザでもいいの、と、きれいに美しく見られるカメラを持っていることのシアワセってのは、形で主張しているから。
(ベトナムで撮った写真)
夜の市場なんですよ。
あの、非常に隅々まで、シャープな、えー、画質が得られてます。
比較的低速シャッターで、しかもISO800で、真ん中にピントを置いているんですよね。
で、これ足元も、非常に、こう雨上がりで、端っこに置かれた段ボールが見えたりとか、えー、一番奥の、えー、人の表情が見えたりだとか、その周辺を含めて、非常に、こう、きちっと、解像している。
これちょっと、自分で撮って驚いてしまってる位なんですね。
(画質への信頼感)
この、まー、レンズと、センサーと、ローパスレス・・・あるいは、画像エンジンを含めまして、がっぷり組み合わされて、やっぱり、この、信頼感を得られる画質になっている・・・
この小ささで、一眼レフのクオリティーをきっちり出していると言うことなんですね。
新しいテーマ、新しい世界を、こっから生み出すという・・・ぐらいの気迫を持った人に、使って欲しいと言うことを、一つ、言えます。

(この動画終わり。)

続きを読む≫ 2015/04/27 09:09:27

NIKON ニコン COOLPIX A 操作体感を動画で紹介。本家NikonImagingJapanの動画をご紹介します。

 

 

撮る道具としての使いやすさを追求した操作系。
・MODE DIAL 撮影モードダイアル
感触、操作したときの音など、細部まで作り込んだダイアル
・USER INTERFACE 操作系レイアウト
グリップした指先にフィットするFn1(ファンクション1)ボタン
ボタンを押しながらコマンドダイアルで設定するデジタル一眼レフと共通の操作スタイル
・FOCUS RING フォーカスリング
マニュアル操作でピント位置を緻密にコントロール
ニコンデジタル一眼レフカメラと共通化したメニュー表示
・MENU 液晶モニター表示
一眼レフカメラユーザーも違和感なく使えるメニュー表示
・撮る喜びがふくらむアクセサリー
(OPTICAL VIEWFINDER)光学ファインダーDF-CP1
構図を決めやすく明るい、光学ファインダー
(LENS FOOD)アダプターリングUR-E24/レンズフードHN-CP18セット
市販の46ミリフィルターとレンズフードHN-CP18を装着できるアダプターリング

不要な光の入射を防いでフレアーを抑える角形のバヨネットレンズフード
(この動画終わり。)

続きを読む≫ 2015/04/26 22:00:26

NIKON ニコン COOLPIX A レビュー・評判・評価・動画解説

 

ご存知、カメラのキタムラ動画です。クールピクスAです。単焦点です。換算28ミリ相当の使いやすい画角です。リコーのGRとまともにぶつかる商品ですね。どっちがいいのでしょう?サイズ的にはGRがまさっていますが、NIKKORレンズの爽やかなヌケのいい描写は魅力ですからね。すぐに勝負は付かないところが面白いところです。それと、実物のクールピクスAはかなりカッコイイし、手触りもいいですよ。背面のボタン配置なども秀逸で、一眼レフのサブカメラとして使ったらいい相棒になること請け合いです。いずれにしても、まずはこの紹介動画でCOOLPIX A の基本を押さえておきましょう。

 

 

ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)、CMOSセンサー搭載、手のひらサイズに一眼クオリティーを実現したNIKON ニコン COOLPIX A をご紹介します。
撮る道具としての使いやすさを追求し、作り込まれた操作系、さらにブラック・シルバーから選べる、シンプルなデザインながらも金属素材を使用した薄型コンパクトボディーには、有効1616万画素ニコンDXフォーマットCMOSセンサー搭載。
23.6ミリ×15.6ミリサイズの大型センサーとなっており、さらに光学ローパスフィルターレスにすることで被写体の細かなディテールまで描写し、先鋭感高く被写体をとらえます。
そしてレンズには専用設計の18.5ミリ(換算28ミリ)F2.8NIKKORレンズを搭載。
広々とした画角で被写体をとらえ、また7枚羽根虹彩絞りにより美しいボケ味が表現できます。
(※)絞りの注ェ数が奇数の場合、画面に太陽などが入ると注ェ数の2倍の星となります。クールピクスAは7枚羽根なので14の星が点光源として輝くことになり、とてもカッコイイですよ。反対に偶数羽根の場合はその数だけの星となります。つまり6枚羽根なら6つの星になるわけです。したがって奇数枚の絞りは貴重なんです。
(補足)上の説明で「14の星」とか「6つの星」と書きましたが、星の数が14とか6という意味ではありません。ヒトデのように中心から外側に放射状に広がる光の数が14とか6という意味です。蛇足ながら、念のため。
さらに最短撮影距離は10センチとなっており、マニュアルフォーカスでより精密なピント合わせが行えます。
液晶は広視野角3型約92万ドット高精細液晶を搭載。
明るい屋外でも見やすくなっています。
また露出コントロールはニコンのデジタル一眼レフの操作系を受け継ぎ、撮影シーンに合わせて選択でき、各種操作系やグラフィックユーザーインターフェースも共通化されており、一眼レフのサブカメラとしても快適に使用できます。
さらに好みに応じて自分だけの絵作りを自由に楽しめるピクチャーコントロールを搭載。
輪郭の強調・コントラスト・明るさ・彩度・色合いを調整でき、こだわりの撮影が可能です。
そして動画は1920×1080ピクセルのフルハイビジョンに対応しています。
大型センサーならではのボケ味や高感度特性を生かした動画撮影が行えます。
コンパクトボディーながらも大型センサーを搭載。

究極のクールピクスの誕生です。
■NIKON ニコン COOLPIX A のまとめ
・光学ローパスフィルターレス
・有効画素数1616万画素ニコンDXフォーマットCMOSセンサー搭載
・18.5ミリ(換算28ミリ)F2.8 NIKKORレンズ
・広視野角3型約92万ドット高精細液晶
・ニコンのデジタル一眼レフと同様の操作系
・ピクチャーコントロール
・フルハイビジョン動画対応
ご購入もお近くのカメラのキタムラで安心してお受け取り・お支払いができます。
買ったあとも安心アフターフォロー。
カメラのキタムラで決まりですね。
(この動画終わり。)

続きを読む≫ 2015/04/26 14:24:26