Olympus オリンパス STYLUS XZ-10 レビュー・評判・評価・基本解説動画

Olympus オリンパス STYLUS XZ-10 レビュー・評判・評価・基本解説動画

Olympus オリンパス STYLUS XZ-10 レビュー・評判・評価・基本解説動画

 

日本一のカメラ店、ご存知カメラのキタムラ動画です。個人的に、管理人の私の愛用機です。このカメラに付いているタッチパネル機能がお目当てで買いました。最近は一時に比べてタッチパネル機能は重視されていませんが、とても不思議に感じています。これ、マクロ撮影時に大活躍するんですよ。コンデジのマクロ機能と言えば、リコーのGRデジタルが出たときにレンズ前1センチというスーパーマクロに驚き、おもしろがって撮影しまくったものです。しかし、いまその頃の写真を見てみると、ほとんどが日の丸構図になっています。確かにフォーカスポイントを選んで撮影することはできるのですが、その操作が面倒なんですね。だから、結果として真ん中でピントを合わせた写真ばかりになってしまったのです。でも、タッチパネルはここが凄いんです。画面の端っこの方もそこへ指を当てて押すだけですから。手ぶれは最初しましたが、すぐに持ち方など慣れるものです。ノープロブレムです。タッチパネルでシャッターが切れるカメラはXZ-10以外にもいくつかあって、もう一度このへんのところが見直されるといいですよね。では、動画をご覧ください。

 

 

■この動画のまとめ〜Olympus オリンパス STYLUS XZ-10〜
・有効画素数1200万画素裏面照射型CMOSセンサー(1/2.3型センサー)
・画像処理エンジンTrue PicY搭載
・F1.8〜F2.7と明るい広角26ミリからの光学5倍iZuiko Digitalレンズ
・好みの機能を素早く設定できるコントロールリング
・鮮やかさや色合いなどをわかりやすく調整できるライブガイド機能
・一枚の写真に複数の写真を組み合わせられるフォトストーリー
・11種類のアートフィルターと5種類のアートエフェクト
・フルハイビジョン動画対応

 

日常を表現するプレミアムコンパクトOlympus オリンパス STYLUS XZ-10 をご紹介いたします。
好みの機能を素早く設定できるコントロールリングと、ファンクションボタンを搭載し、ブラック・ホワイト・ブラウンのコンパクトなスリムボディーに、F1.8〜F2.7と明るい、広角26ミリからの光学5倍iZUIKO DIGITALレンズを搭載。
そして、有効1200万画素裏面照射型CMOSセンサーと、オリンパスの一眼にも搭載されている画像処理エンジンTrue PicY搭載により、高感度、低ノイズ、高速オートフォーカスを実現しました。
液晶は3型約92万ドット抵抗膜方式のタッチパネル液晶を搭載。
タッチ操作でピント合わせやシャッターが切れ、再生時もコマ送りや拡大操作と直感的に使用できます。
そして撮影は鮮やかさや色合い明るさなど5種類の表現がわかりやすく調整できるライブガイド機能によりこだわった写真表現が簡単に行えます。
また、1枚の写真に複数の写真を組み合わせることが可能なフォトストーリー機能を搭載。
4種類のテーマから好みのモノを選択し、フレーム内をタッチするだけで、楽しくカンタンに思い出が残せます。
さらに、いつもと違った雰囲気の写真が撮影できる11種類のアートフィルターとアートエフェクトを搭載。
表現の幅が広がります。
そして動画はフルハイビジョンに対応し、思い出は動画でも残すことができます。
小型ボディーに明るいレンズを搭載。
屋外でも室内でも撮影が楽しめる1台です。
■Olympus オリンパス STYLUS XZ-10 のまとめ
・有効画素数1200万画素裏面照射型CMOSセンサー(1/2.3型センサー)
・画像処理エンジンTrue PicY搭載

・F1.8〜F2.7と明るい広角26ミリからの光学5倍iZuiko Digitalレンズ
・好みの機能を素早く設定できるコントロールリング
・鮮やかさや色合いなどをわかりやすく調整できるライブガイド機能
・一枚の写真に複数の写真を組み合わせられるフォトストーリー
・11種類のアートフィルターと5種類のアートエフェクト
・フルハイビジョン動画対応
ご購入もお近くのカメラのキタムラで安心してお受け取り・お支払いができます。
買ったあとも安心アフターフォロー。
カメラのキタムラで決まりですね。
(この動画終わり。)