DSC-RX100 動画機能Review シャッター速度・絞り

DSC-RX100 動画機能Review シャッター速度・絞り

[解放軍]Sony Cybershot DSC-RX100 Review 動画編・・・の動画を紹介。

 

【じへいの動画解放軍】として有名なじへいさんの動画をご紹介します。ここに映されている映像は地味なんですけど、RX100の動画機能を使いこなす上では、基礎となる重要な動画になっています。オートで撮すことが多い人でも、こうした特徴を知っておくと、イザという時、裏技的に使える便利な内容になっています。オートでばかり撮すことに物足りなくなっている人には、非常に役に立つ動画だと思います。

 

 

このカメラ、録画中にシャッタースピードを変えれるんですよ。
いま、1/100。速いスピードですね。
手はブレないですね。
スピードを遅くしていきます。
いま一番遅くしました。
そうすると、こういう風にブレますね。
これ1/4・・・1/5・・・1/6・・・1/8・・・1/10・・・1/13・・・1/15・・・
これくらいでブレが少なくなってきましたね。
1/25・・・ま、映画ぐらいのスピードですね。
1/30・・・テレビのコマ数です。
ま、こういう機能(撮影中にシャッタースピードを変えられる)って、ビデオカメラでも、ハイエンドの機種、そのくらいからの搭載なんですけど、これ(RX100)は、もう、デジカメの機能の中に入ってます。
効果的に使うと、スピード感出すような演出ができますね。
ブレることによって、スピードが上がって見える。
そういう演出に使えますね。
撮影しながら変えられる。
これが強いかなと思いますね。

 

このデモは、撮影しながら、絞りを変えていきます。
いま、(ピントが)近くの手にあってますね。
この状態で絞りが2.0。
これが1.8・・・この時は、背景ボケてますね。
で、撮影しながら絞りを絞っていくと、どんどん後ろの背景がくっきりしてきますね。
いま、Fの10・・・11・・・このくらいにすると、くっきり見えてますね。
また絞りを開けてきますと、背景がボケる。
こういう調整ができてしまうんですよね。
これも、ハイエンドのビデオカメラにしかついていない、そういう機能ですけど、それが、デジカメの一機能としてついてる。
いいことなのかな、と思いますね。

 

このデモは、絞りとシャッタースピードを、完全にマニュアルで変えられますね。
これ、自動調整されないので(マニュアルモードだから)、たとえば、この状態で、シャッタースピードを遅くしていくと、なんか白くなっていきますね。
白くなって、何が映っているかわからない。
この時に、絞りを大きくしていきますと、ま、ちゃんと見えるようになりますね。
しっかりと映っているけど、シャッタースピードが遅いから、こう、ブレてる。
シャッタースピードを速くしていくと、画面が暗くなる代わりに、しっかり映る。
しっかりとブレずに映る。
で、この状態で絞りを開けてきますと、明るさも適性になりますね。
これ、調整が非常にめんどくさいですけど、これうまく使うと、映画のような効果、それが出ますね。
ま、実際、撮影しながら(絞り・シャッタースピードを)動かすということはないですけど、ま、効果的に使うと、いいんじゃないかなと思いますね・・・・・・・・・・
(以下省略。続きは本編動画でご覧ください。)