DSC-RX100M2 基本機能のレビュー・マイフォトスタイルなど

DSC-RX100M2 基本機能のレビュー・マイフォトスタイルなど

DSC-RX100M2 基本機能のレビュー・マイフォトスタイルなど。オート撮影でも納得の美しさ・・・デジタルスチルカメラ サイバーショット DSC-RX100M2・・・の動画を紹介します。

 

みなさんお馴染み、RakutenSuperTVのTaro’s Choiceの動画です。この動画では、RX100M2の基本の基本ともいうべき機能をわかりやすく紹介しています。実践編ではなく、まず押さえておくべきカメラの基本的機能・使い方を解説しています。

 

 

Taro’s Choiceの3つ目のおすすめカメラは、ブロガーの方、SNSライクな方におすすめ、一眼並みな写真も撮れちゃう、最強コンパクトです。
ソニーのサイバーショットDSC RX100M2(マークツー)のご紹介です!
ま、みなさんが言う、キレイに写真が撮りたい・・・のキレイというのはどういったことかといいますと、カメラにとってはね、イメージセンサーっていう心臓部。
これが一番重要になってくる訳なんですけど、このRX100M2は、裏面照射型イメージセンサーというのを搭載しておりまして、画素数としては2020万画素です。
ね、数値がおっきいから、これいい写真が撮れるんじゃないのって、イメージ的には伝わってきますよね。
どういった特徴があるかといいますと、こう、わずかな光をきちんと取り込んで、高感度、感度の高いですね、写真撮影をすることができる、と。
高感度だと、どういうことかといいますと、たとえば、暗いところでもISO感度を上げて、で、ISO感度を上げると暗いところでも写真が撮れるんですけど、ちょっとノイズが乗ってきちゃうんですね。
こういったノイズをですね、できる限り軽減して、きれいな写真を凄く撮ることができるんですね。
レンズなんですけど、実は、ドイツのですね、名門メーカーの、カール・ツァイスのレンズを使用しております。
F値。この数値が低ければ低いほど、明るい写真が撮れますけど、F1.8です。
なので、先ほど言ったとおり、センサーも高感度、そして、レンズ自体も明るいので、非常に、暗いところでも、きれいな写真を撮ることができます。
で、ま、いろんな機能があるんですけど、えー、マルチショットノイズリダクション・・・という機能がありまして、たとえば、ちょっと暗いとこへ行った時にですね、6つの写真をパカパカパカッて撮って、合成して、ま、一番いい状態を作り出してくれる。
ま、そういった時の最大ISO感度は25600というスゴイ数値まで上げてくれることができる、こいうことを、めんどくさいことを全部自動でやってくれるので、あまりカメラのことわかってない人でも、きれいな写真が撮れる・・・これが一番大きなポイントですよね。
はい。さらにおすすめなのが、こう、被写体に寄ったときの、あの、ボケ具合だったりだとか、えー、接写の寄り度合いが、半端ないところまでけっこう寄ることができます。
こうなってくると、えー、けっこう食べ物の写真よく撮る人ね、食べ物のお皿だけ取ってると、なんとなくね、リアリティーがないとつまんなくなっちゃうんですよね。
だから、テーブルの後ろに映っている雰囲気とかを、えー、いっしょに入れてあげると、えー、非常にまた、味のある写真になるんですけど、そのボケ具合がですね、ちょうどいい感じに撮れる。

お店の、なんか、ホームページに載ってるようなね、写真が撮ることができます。
基本的には、「プレミアムおまかせオート」で撮っていただければけっこうなんですけど、えー、「マイフォトスタイル」というモードがありまして、これを使っていただくとですね、カメラのこと、あまり詳しくなくても、たとえば、明るさ。露出補正だったりとか、あと、色合い。ホワイトバランス。あとは、彩度ですね。鮮やかさ。こういったものを、調整することができるんですね。
はい、なので、細かい設定をしなくても、えー、いまのモードを使えば、できます・・・・・・・
(以下省略。続きは本編動画をご覧ください。)