CANON G1X MarkII

GANREF注目製品レビュー Canon PowerShot G1 X Mark II編 「星空モード」〜Canon PoewrShot G1 X Mark II で星空モードを使って、星空の撮影を紹介している動画です。

 

mirage0777さんの動画です。G1Xの液晶画面の映像に固定して、延々と星空撮影のやり方・結果を解説している動画です。星の撮影が大好きな方には超参考になる映像ですよ。撮影結果もすぐに確認できて、これを見たら、即、星空撮影が簡単にできるようになるはず。

 

 

Canon PowerShot G1 X Mark IIに搭載されている「星空モード」を使って、星空の撮影に挑戦してみます。

 

場所はできるだけ暗いところで、カメラは三脚に設置します。
「星空モード」で選択できる撮影方法は4つ。
1.星空軌跡:星の軌跡を撮影
2.星空夜景:カメラまかせのシャッタースピードで星空を撮影
3.星空ポートレート:星空と人物を撮影
4.星空インターバル動画:星の日周運動を動画撮影

 

まずは「星空夜景」から。
カメラまかせのシャッタースピードで星空を撮影します。
基本は、シャッタースピード・絞り共にオートですが、露出補正が設定できます。
まずは±0にします。

 

あとはシャッターを押すだけ。

 

星が撮れました!

 

今度は露出補正を+1にします。

 

さっきより明るく映りました。

 

さらに露出補正+2にします。

 

今度はさらに明るく映りました。
・・・ちょっと明るすぎますね。
星はちゃんと映ってます。

 

露出補正+1がちょうど良さそうですね。

 

次に星の強調「ソフト」を試してみます。

 

明るい星がより強調されて映りました。

 

強調なしと比べると、星の周りがふんわりしているのがわかります。

 

次は星の強調「シャープ」です。

 

ものすごい数の星が映りました。

 

小さい星も、より強調されています。
やや写りすぎな気もしますが・・・。

 

星の強調「シャープ」は星が写りすぎる気がするので、フィルタアダプタを介してソフトフィルタを利用し、「シャープ」を「ソフト」にした撮影をしてみます。

 

使用したのはソフトンAです。

 

星の強調を「シャープ」に設定。
フィルタの取り付けも完了。

 

オリオン座がよくわかるようになりました!
星のにじみもより自然な感じで仕上がっています。

 

次は星の強調「切」とソフトフィルタ「ソフトンA」の利用です。

 

ソフトフィルタの効果が良く出ています。

 

最後は星の強調「ソフト」に、ソフトフィルタでよりソフトにしてみます。

 

明るい星がより目立つようになりました!

 

・・・・・・・

 

(以下省略。続きは本編動画をご覧ください。)

続きを読む≫ 2015/04/18 16:42:18

Canon PowerShot G1 X Mark II 展示会場でレビュー・評価〜【CP+2014】Canon PowerShot G1 X Mark II!噂のフラグシップ高級コンデシ!〜カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2015の会場で噂の高級コンデジCanon PowerShot G1 X Mark IIを見てきた動画を紹介します。

 

Crazy4Yasuさんの動画です。2015年2月、シーピープラス2015の会場でG1 X Mark IIのデモ機を触ってきたレポート動画です。まずは、その大きさが印象的ですが、いろいろ参考になる動画ですよ。

 

 

G1 X Mark II!
噂のヤツですね。
触ってみましょう。
これでズームが・・・
確かに、でかいっちゃでかいですね。
ズームは・・・あ、これでもできる。
で、バリアングルに、なった、あれ・・・あー。
こんだけ、見えるようになる・・・
こんだけ映れば、けっこういいっすよね。
で、ズームがどれくらいいくんでしたっけ・・・
ああ、いくなあ。
けっこう・・・わかるかな・・・けっこうズームいくよね。
確かに、これ(バリアングル液晶のヒンジ)、ちょっと折れそう・・・ちょっと貧弱よね、これ。
ちょっと引っかかる感じ。
でもいいんじゃないですか。
あの、これ、早くEOS M2にも欲しいんですけどね。

-DIGIC6入ってるんですよ。5軸手振れ補正も。
あ、すげえ。
だったら手振れわかるかな。
これじゃわかんないか。
電子ビューファインダーつけられる・・・
-オプションになるんです。
近づけると、センサーで・・・
-センサーがあって、目を近づけると、ま、目じゃなくても、自動的に切り替わるようになってます。
これいいですね。
-メガネかけた方でも、じゅうぶん・・・
これ、あのー、ホットシューにカチャッとやるだけで・・・
-はい、ここにボタンがあって、取り外すだけ。
あ、いちおう、なんかあるんだ。
ここに、何て言うんだ、接触するところが・・・あるんですよ。
映るかな。
ここに入れると、もう、連携してくれるというか・・・

-はい、自動的に、特別な設定なしに。
これいいですね。
すぐにはずしたりもできるし。
あ、自分撮りたいときははずして、で、写真撮りたいとき覗きたかったりするんですよ。
-そうですね。どうしても光の加減で、液晶が見ずらかったりするとき、ありますよね。ま、その場合は、当然、(電子ビューファインダーが)あった方が見やすくなります。
再生してるやつも(電子ビューファインダーの)中で見れるんですね?
あ、これいいですね。
3月中旬発売。
いくらくらいになるんですか?
-85,800円ぐらい。
わかりました。
レンズフードは別売りで。
-あの、この、いまの仕様では、別売が、このファインダーとレンズフード。このグリップがですね、標準ではなくてオプションのグリップ、いま取り付けてます。標準は、こちらのグリップタイプになりまして。
あ、これちょっとちがうんですね。
-そうですね。持った感じが、まったく違うと思うんですけど・・・・・・・
(以下省略。続きは本編動画をご覧ください。)

続きを読む≫ 2015/04/15 15:08:15

CANON キャノン PowerShot G1 X Mark II レビュー・評判・評価〜一眼クラスの最強コンデジ!PowerShot G1 X Mark IIがキター〜の動画紹介です。

 

ご存知、KazuChannelのカズさんの動画です。ソニー好きで有名なカズさんが珍しくキヤノンのコンデジを買ったのです。その紹介動画になります。開封動画も、カズさんにかかるとこれな風にわかりやすい動画になるんですね。G1 X Mark IIに興味ある人にとってはたまらない映像ですよ。

 

 

はい、どうも、こんばんは。
カズチャンネルのカズです。
さて、わたしはですね、カメラと言ったら、こういったソニー製のものばっかり持っております。
いま撮影しているのもね、α99っていうソニーの一眼カメラで、ビデオカメラでもソニー製のモノばかり。
えー、なんかね、買うカメラ買うカメラ、ソニーのモノばかりでね、なんか裏ではね、ステマじゃねえかって言われてるんだけれども、全部買ってるよっての!

 

え、ソニーのカメラ買う理由としてはね、自撮りとかね、ある程度広角がきくやつが多いんでね、だからね、ソニーばっかりっていうか、まあ、ソニー好きっていうのもあるんだけどね。
だからソニー製品ばかり買っておりました。

 

しかしですよ、今回ですね、久々にソニー以外のモノを買ってしまいました。
えー、では、本日ご紹介いたしますは、こちらでございます。
はい、こちらわかりますでしょうか?
あの、PowerShot G1 X Mark II。
そう、あのコンデジですよ。
コンパクトカメラ。
えー、私はね、もう1台、カシオのコンデジ持っているんですけど、やっぱね、コンデジ手にしてみて、あの、携帯性とかね、すばらしいね、やっぱり。
えー、ただ、画質については、あの、こういったミラーレスに比べると、ちょっとね、そこら辺、落ちるなーって思ってたんですけど、このPowerShot G1 X Mark II・・・長いな、もうパワーショットでいいや。
このパワーショットはね、すごいんですよ。
もう、何がスゴイかわからないんですけども、本日こちらご紹介いたします。
えー、ではね、さっそくこちら中身開封いたしましょう。
はい、まず、こちらですね。
入っているモノは・・・分厚い説明書・・・ネックストラップ・・・バッテリー・充電するヤツ・・・はい、そして、これかー・・・はい、こちらがねー、本体となります。
あー、また、あとで言うけど、やっぱ、あれだなー、あれだなー。
はい、こちらがね、コンデジこと、パワーショットさん(PowerShot G1 X Mark II)でございます。
では、さっそくね、こちら拡大してお見せいたしましょう。

 

はい、ではね、本体このような形になっております。
ま、見てわかるようにね、コンデジの中ではね、かなり大型のモノとなります。
えー、で、こちら見ていただくとわかりますようにね、あの、細かくいろいろ設定していただくことが可能ですね。
あの、コンデジにしては(モードの)種類が多い。
えー、またですね、こちら、最大のポイントと言いますと、最近のヤツね、(液晶を)こうやって傾けることできるんです。
こういうモデル多いじゃないですか。
ほうら、きましたよ。
はい、こんな感じで、自撮り対応なんです。
これがね、今回買った中の理由でもね、かなりなシェアを占めていたところですね。
あの、もう一つね、ジェットさん(ジェットダイスケさん)が紹介しているソニーのヤツね、ソニーのヤツもいいんですけど、これね、こっち側向かなかったんですよ、確か。
ここはね、やっぱ、ユーチューバーにとってかなり嬉しいとこですね。
ほんでね、ほら、こちら、マウント(アクセサリシュー)も付いてるんですよね。
こう、フラッシュとか、いろいろつけれるんじゃないのかなー、っていう感じですね。
えー、ここもたぶんフラッシュだよなー・・・ちょっと確認してみましょう。
あっ、フラッシュ出た!
フラッシュ出てきたよ。

えー、それでね、キー配列はこのような感じとなっております。
ビデオ撮影も可能となっておりますねー。
えー、そいで、こちら背面確認していただくとですね、あー、バッテリー入れるとこですね。
えー、ではね、バッテリーちょっとね、入れておきましょう・・・・・・
(以下省略。続きは本編動画をご覧ください。)

続きを読む≫ 2015/04/14 13:24:14